宮城山形2泊3日の旅(3日目:天童温泉)

9月24日(火)
 天童セントラルホテルの朝食はバイキング形式ではなく和定食か洋定食の選択制で、前日に希望を聞かれます。私は日頃、自宅での朝食はパンが多いので、旅行先では和食を選ぶことが多く、前日の古川でも御飯と味噌汁を主体とした朝食にしました。
IMG_0196.JPG
 7:00の開店とほぼ同時に朝食会場へ。内容はごく普通の和定食でした、味噌汁の味は良かったです。係員が御飯のお代わりを尋ねてこなかったので、できなかった可能性はあります。

8:0過ぎに宿を出発し、まずは天童市内が一望できる舞鶴公園へ。カーナビゲーションシステムに目的地を入力したところ、細くて曲がりくねって急勾配な道を案内され、運転が大変でした。
 舞鶴公園から望む天童市内。前日と違って、いい天気です。
IMG_0198.JPG
 人間将棋が行われる巨大な将棋盤と王将の石碑
IMG_0201.JPG
IMG_0203.JPG
 続いて、「道の駅天童」で土産物を物色。ここには森林のことを知ることができる情報施設「もり~な天童」が同じ敷地内にあります。

 旅の仕上げは温泉。天童市街地から少し離れた田園地帯にあるG日帰り入浴施設「天童最上川温泉ゆぴあ」でひと風呂浴びました。内湯、サウナ、露天風呂、寝湯などがあり、休憩施設、土産物店、食堂も揃った立派な日帰り入浴施設ですが、入浴料は大人一人あたり300円という安さです。この日は平日でしたが、多くの入浴客で賑わっていました。
IMG_0204.JPG

 入浴を終えると、11:00過ぎ。山形へ来たならば、名物の芋煮が食べたい。天童周辺で芋煮を食べることができる場所を事前調査したところ、「道の駅寒河江チェリーランド」で食べられることがわかりました。ここでは土産物も購入できるということで、土産を購入した後、芋煮を頂きました。芋煮だけでは満腹にならないので、五目おこわと五平餅もいただきました。
IMG_0208.JPG
IMG_0212.JPG

 芋煮が桁外れに巧い!あまりのおいしさに感動して、「芋煮のたれ」と地元産の里芋も土産として購入しました。

 13:00前に「道の駅寒河江チェリーランド」を出発。寒河江インターチェンジから山形自動車道に入り、帰宅の途に就きました。途中、福島県内で激しい夕立に見舞われ、視界が一時的に悪くなりましたが、東北自動車道は順調に流れていました。途中のサービスエリアで仮眠を取るなど、幾分多めに休憩を取ったので、都心を抜けたのは18:40でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント