ピラタス蓼科日帰りスキー

2020年2月29日(土)、長野県茅野市にあるピラタス蓼科スノーリゾートで日帰りスキーをしてきました。本当は宿泊を伴って楽しみたかったのですが、翌日に予定が入っていたため、日帰りとなりました。

 早朝に出発したので、圏央道も中央自動車道も空いていて、渋滞はなし。また、今年は雪不足のため、諏訪インターチェンジからスキー場までは道路上にほとんど雪がなく、タイヤ・チェーンを装着する必要もなかったため、8:30にはスキー場に到着することができました。

 手早く着替えを済ませ、9:00始発のロープウェイに乗車。ここから怒涛の滑走が始まりました。ロープウェイ乗車時間が7分で、山頂からロープウェイ乗り場まで降りてくる所要時間が6~7分。ピラタス蓼科のロープウェイは通常、20分間隔での運転なので、ロープウェイを見送ることなく乗車するという繰り返しでした。この日は土日祝日ということで、10分間隔での運転だったので、毎回同じ色のロープウェイに乗っていました。

 10:00頃の山頂付近。少々雲がかかっていますが、ゲレンデは視界良好でした。
IMG_0674.JPG
 11:00頃になると、雲が取れてきました。
IMG_0681.JPG
 昼食は鶏もも肉の山賊焼きとキノコ汁。山賊焼きはこのスキー場で初めて食べましたが、量も味も満足でした。何度か述べていますが、ピラタス蓼科はゲレンデの食事のレヴェルが高いです。
IMG_0682.JPG
 午後もトイレ以外は休むことなく滑走。最終的には午前9本、午後9本の軽18本滑りました。損益は次のとおり
リフト1日券(割引適用):4,000円
ロープウェイ片道券:1,000円
滑走本数:18本
1回券換算:18本×1,000円=18,000円
得した金額:18,000円-4,000円=14,000円
得した割合:18,000円÷4,000円=4.5倍

 スキーの後は温泉。今回は蓼科温泉共同浴場でひと風呂浴びました。昔ながらの銭湯のような雰囲気が漂っているのが魅力です。
IMG_0683.JPG
 知り合いに教えてもらった土産物店「信濃坂」。ここの野沢菜は絶品で、他にもおいしい漬物が何種類もあります。今回は野沢菜キムチと山芋キムチを買いました。
IMG_0684.JPG
 帰りも中央自動車道は順調に流れていて、途中、給油や洗車をしたものの、21:00には帰宅することができました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント