ピラタス蓼科日帰りスキー

2020年2月29日(土)、長野県茅野市にあるピラタス蓼科スノーリゾートで日帰りスキーをしてきました。本当は宿泊を伴って楽しみたかったのですが、翌日に予定が入っていたため、日帰りとなりました。  早朝に出発したので、圏央道も中央自動車道も空いていて、渋滞はなし。また、今年は雪不足のため、諏訪インターチェンジからスキー場までは道路上にほとんど雪がなく、タイヤ・チェーンを装着する必要もなかった…

続きを読む

岩原スキー場日帰り

建国記念日である2月11日、新潟県湯沢町にある岩原スキー場で日帰りスキーをしてきました。以前はよく訪れていた岩原ですが、ここ数年はご無沙汰で、2012年1月以来約8年ぶりとなりました。  東京駅7:04発の「MAXとき303号」で出発。2階席が取れず、1階席となったためか、車内は若干の空席があり、私の隣の座席は越後湯沢まで誰も座りませんでした。  列車の旅にはビールは欠かせません。朝…

続きを読む

上越新幹線でナスパ・スキーガーデン(新潟県湯沢町)日帰り

1月26日(日)、中学2年の長男を連れて、新潟県湯沢町にある「ナスパ・スキーガーデン」でスキーをしてきました。ここは近年では珍しいスキーヤ専用ゲレンデで、しかも、越後湯沢駅からシャトルバスで5分ほどということで、ここ数年毎年のように訪れているお気に入りのスキー場です。新幹線とリフト一日券がセットになったJR東日本が主催するお日帰りツアーで、一人あたり1万1千円はとてもお得です。  東京駅8…

続きを読む

今シーズン初滑り(3日目ピラタス蓼科スノーリゾート)

3日目(1月20日)  前日同様、たっぷりと睡眠を取ったので、体調は万全。7:30から始まる朝食をしっかりと食べて、8:30に宿を出発しました。なお、朝食の写真は撮り忘れました。  3日目は、ピラタス蓼科スノーリゾートです。土日はスキーヤーやスノーボーダーよりも登山客が多く、定員100名ほどのロープウェイに乗車できないことがあるので、平日にここへ来ることにしました。準備が順調に進んだので…

続きを読む

三島&修善寺日帰りの旅

比較的近くにありながら、あまり訪れる機会がないのが三島と修善寺。三島は小学生の頃に両親に連れられて、三島大社へ行ったのが最初で最後。また、修善寺も小学生の頃に家族旅行で2回ほど訪れたことがありますが、個人では2002年8月以来訪れていません。そこで、10月21日(月)、久しぶりに三島と修善寺を訪れることにしました。  普段の通勤よりも1本遅い電車で出発。1時間以上東海道線に乗車するので、奮…

続きを読む

鳴子温泉「味処よしのや食堂」で昼食(宮城県大崎市)

 鳴子温泉の共同浴場巡りの途中、昼食を食べることができる複数の飲食店を事前に調べておきましたが、湯巡り客が利用できる無料駐車所近くにある「味処よしのや食堂」が良さそうだったので、ここで昼食を頂くことにしました。  頼んだのは「あんかけ焼きそば」(税込み850円)  塩ベースの味付けで、本格中華というよりは大衆食堂の中華といった味。私はこのような味付けも好きです。チャーハンと中華丼(あ…

続きを読む

宮城山形2泊3日の旅(3日目:天童温泉)

9月24日(火)  天童セントラルホテルの朝食はバイキング形式ではなく和定食か洋定食の選択制で、前日に希望を聞かれます。私は日頃、自宅での朝食はパンが多いので、旅行先では和食を選ぶことが多く、前日の古川でも御飯と味噌汁を主体とした朝食にしました。  7:00の開店とほぼ同時に朝食会場へ。内容はごく普通の和定食でした、味噌汁の味は良かったです。係員が御飯のお代わりを尋ねてこなかったので、で…

続きを読む

宮城山形2泊3日の旅(2日目:鳴子温泉巡り)

2019年9月23日(月)  プラザホテル古川の朝食は6時30分から始まるので、できるだけ早く出発したい宿泊者には嬉しい時間設定です。私も早めに目が覚めたので、6時45分に朝食会場へ向かいました。  プラザホテル古川の朝食は宿泊料金に組み込まれていて、実質無料です。このような料金設定のホテルの朝食は粗末なことが多いですが、無料にしては上々の内容でした。地元産のコメと味噌を使用しているのは嬉し…

続きを読む

清里&野辺山日帰りドライブ

私が初めて清里を訪れた1983年8月は、清里駅周辺の道路は大渋滞で、お洒落な店が建ち並び、多くの若者で賑わっていて、まるで原宿か軽井沢のようでした。それ以来、清里を訪れる機会はありませんでしたが、インターネット上の情報によると、バブル経済崩壊と共に客足が遠のき、かつての賑わいを完全に失ったという話を聞いていました。そこで、清里の現状をこの目で確かめてみようと思い、久しぶりに清里と野辺山を訪れてき…

続きを読む

水上温泉周辺ドライブ、仕上げは「湯テルメ谷川」(群馬県利根郡みなかみ町)

 水上温泉周辺日帰りドライブの仕上げは温泉ということで、町営の日帰り入浴施設「湯テルメ谷川」で一風呂浴びてきました。  それほど大きな施設ではありませんが、内風呂は3カ所で、それぞれ泉質の違う湯が入っています。露天風呂は比較的大きく、渓流の音が聞こえます。露天風呂から少し階段を下ると、休憩スペースがあり、ここから渓流を望むことができます。平日ということで、入浴客は少なめで、のんびりと入…

続きを読む

今シーズンの初滑りは白樺高原国際&ピラタス蓼科(2日目)

2018年1月14日(日)  6:30頃目覚めると、外で何やら音がします。部屋のカーテンを開けてみると、ペンションのご主人が道路の雪かきをしていたのです。前日はとてもいい天気でしたが、夜のうちに降雪があり、車はすっかり雪に埋もれていました。そこで、朝食前に車の雪かきをしました。  白樺高原国際スキー場近くのペンション「じゅあん」の朝食は7:30から始まります。夕食同様、良質です。 …

続きを読む

九州交響楽団演奏会と九州旅行(1日目:玉名温泉と九響演奏会)

 日本を代表する指揮者であり、私の好きな指揮者でもある小泉和裕さんが九州交響楽団を指揮して、R.シュトラウスの交響詩を演奏するという記事を見つけました。そこで、演奏会を兼ねて九州を旅行してきました。九州交響楽団を聴くのは2015年4月以来5回目です。 2017年4月21日(金)  羽田空港8:25発の全日空機で出発。当初はボーディング・ブリッジからの搭乗でしたが、搭乗口変更によりバス移動…

続きを読む

大阪フィル演奏会と大阪兵庫の旅(2日目城崎温泉7番勝負)

2016年12月10日(土)  自宅では毎日6:00に起床しているので、旅先でも同じ時刻に目覚まし時計を設定しています。身支度を調え、6:30から始まる朝食会場へ向かいました。  自宅での朝食はパンとコーヒーが多いので、旅先ではご飯と味噌汁を選びます。また、カレーもあったので、1杯頂きました。レトルト丸出しの味ではなく、しっかりとした味のカレーでした。朝からカレーもいいものです。 …

続きを読む

湯の川温泉旅館「湯元啄木亭」で日帰り入浴(北海道函館市)

 2泊3日の北海道旅行もあとわずか。19:35発のJAL便で函館空港から羽田空港へ向けて帰らなければなりません。函館空港のすぐ近くには湯の川温泉があるので、ここで旅の仕上げをすることにしました。なお、湯の川温泉は94年1月以来の訪問でした。  湯の川温泉には日帰り入浴を受け付けている宿泊施設がいくつかあり、その中から選んだのは「湯元啄木亭」  旅館のフロントで入浴料800円を支…

続きを読む

谷地頭温泉共同浴場(北海道函館市)

 立待岬を観光した後、谷地頭温泉共同浴場で一風呂浴びてきました。函館はこれで5回目の訪問ですが、ここは99年8月以来4回目の訪問です。  前回来たときは、「市営」の文字が付いていましたが、民営になったため、2文字が消去されていました。  入浴料420円を支払って脱衣所へ。浴室は広く、洗い場も多いです。湯船は3種類で、温め、普通、熱めです。鉄泉のため湯は赤く濁っており、湯船に入ると足…

続きを読む

登別温泉「登別万世閣」で日帰り入浴

 登別温泉には日帰り入浴を受け入れている宿がいくつかあったので、登別バスターミナル前にある「登別万世閣」で日帰り入浴をしてきました。  ホテルのフロントで入浴料を支払ったのが13:20頃で、「13:30から入浴可能です。」と言われ、大浴場入り口前で少々待つことになりました。大浴場入り口前では男女合わせて10名ほどの入浴客が待っており、人気が高いと思われました。  定刻になり、脱衣…

続きを読む

次男の首の痛み治療で温泉付きスーパー銭湯「葛の湯」へ(横浜市泉区)

 11月22日、6歳の次男が寝違えたらしく、「首が痛い。」と訴えてきました。首を触ってみると、左側首筋が少し隆起していました。三連休で病院はほとんど休診なので、病院に行くことはできません。そこで、翌日の23日、温泉付きスーパー銭湯へ行くことにしました。前回は田谷温泉でしたが、今回は横浜市泉区の「葛の湯」。ちょうど妻は「午前中は散髪に行きたい。」と言っていたので、子供3人の面倒を見るついでに温泉を…

続きを読む

腰痛治療のため、スーパー銭湯「野天湯元湯快爽快たや店」へ(横浜市栄区)

 ここ5日ほど腰に違和感があり、激痛ではないものの痛みがありました。どうやら、しばらく発症していなかった腰痛が再発したようです。  11月3日(祝)の日中は、妻が次男と三男を連れて、保育園のママ友の家に遊びに行くことになっており、私と長男は留守番の予定でした。これは腰痛治療のいい機会。腰痛治療にはスーパー銭湯の電気風呂が効くので、長男を誘いました。 私:パパ、病院に行くけれど、一緒に行くか?…

続きを読む

田植えの後は、かたくり温泉「ぼんぼ」で一風呂(山形県鶴岡市)

 保育園の行事で山形県鶴岡市(旧朝日村)における稲刈りを体験した後は、かたくり温泉「ぼんぼ」で一風呂浴びました。園児だけでなく多くの保育士も温泉大好きと言っていたので、参加者全員にとって稲刈りの後の温泉は気持ちがいいようです。  未就学児の園児たちはいずれも女湯へ入ったので、私と男性保育士は同行した小学生たちの入浴を補助しました。さすが、小学生ともなると、入浴マナーはしっかりしていました。 …

続きを読む

福島県内温泉巡り第3Rは高湯温泉共同浴場「あったか湯」(福島県福島市)

 土湯温泉があまりの熱さでカラスの行水状態となり、約20分で退散。そのため、もう1カ所巡る時間ができました。そこで、96年9月以来となる高湯温泉へ向かいました。その時の気分で日程を変更できるのは車の強みです。  土湯温泉から30分ほどで高湯温泉に到着。前回の訪問では、人気の旅館「玉子湯」を利用しましたが、今回は共同浴場「あったか湯」を選択。土曜日ということで、駐車場は交通整理員が出るほどの…

続きを読む

福島県内温泉巡り第2Rは土湯温泉共同浴場「中の湯」(福島県福島市)

 岳温泉で一風呂浴びた後は、次なる目的地、土湯温泉へ向かいました。ここは2003年11月以来約12年ぶりです。宿の日帰り入浴も考えましたが、割安な共同浴場「中の湯」に入ることにしました。  昔ながらの共同浴場で、洗い場が3カ所と小さな湯船があるだけの簡素な造り。古めかしいながらも風情が漂います。湯はそれほど温泉臭がありません。  通常、共同浴場の湯は勝手に加水してはいけませんが、…

続きを読む

福島県内温泉巡り第1Rは岳温泉「光雲閣」日帰り入浴(福島県二本松市)

 安達太良山ロープウェイ山頂駅付近を散策した後、麓にある岳温泉の温泉宿「光雲閣」で一風呂浴びました。これまでに福島県内の温泉は飯坂、高湯、土湯と訪れたことがありますが岳温泉は初めてでした。、また、前日の東山温泉も初めてでした。  前日の東山グランドホテルほどではないものの、比較的大きめの脱衣所と内湯。若干の硫黄臭が漂う湯で、濁りはそれほどありません。露天風呂は幾分小さめでしたが、南向きなの…

続きを読む

東山温泉「東山グランドホテル」で日帰り入浴(福島県会津若松市)

 会津若松市内を観光した後、市街地から車で10分ほどのところにある東山温泉へ向かいました。ここに日帰り入浴を受け付けているお目当ての宿「東山グランドホテル」があります。15:00から日帰り入浴受け付け開始でした。  比較的大きなホテルだけに、浴室は大きな湯船が1つと洗い場が20カ所ほどあります。大浴場の大きさに比べると、露天風呂は小さめで、サウナと水風呂もあります。温泉臭はあまりありません…

続きを読む

下関駅近くの温泉共同浴場「日之出温泉」(山口県下関市)

 下関を観光した後、福岡空港から帰路に就くことになっていましたが、せっかくだから旅の仕上げに温泉に入りたい。一旦、博多を通り越して、二日市まで出ることも考えましたが、下関駅近くに温泉銭湯があることを知ったので、ここで一風呂浴びていくことにしました。  駅から10分弱歩くと、「日乃出温泉」という小さな温泉銭湯がありました。番台が男湯と女湯の中間にあり、昔ながらの銭湯の雰囲気。洗い場は10カ所…

続きを読む

日田温泉「亀山亭ホテル(大分県日田市)」で日帰り入浴

 日田市内には日帰り入浴を受け付けている温泉旅館がいくつかあります。市内を散策した後、三隈川沿いにある温泉旅館「亀山亭(きざんてい)ホテル」で一風呂浴びました。  フロントで入浴料を支払い、建物最上階にある展望風呂へ。それほど大きな風呂ではありませんが、三隈川が見える眺望のいい風呂です。浴槽の一部にはジェット・バスもあります。湯は無色透明で、温泉臭はそれほどありません。  おことわり。私…

続きを読む

江神温泉共同浴場に出没したマナーの悪い入浴客(怒)

 スキーの後、越後湯沢駅近くにある温泉共同浴場「江神温泉共同浴場」に入っていたところ、齢80歳前後と思われる入浴客が入ってきました。すると、その客はタオルをいきなり湯船に浸し、股間を洗い始め、掛け湯もそこそこに湯船に入るという暴挙に出ました。何たる悪質マナー!まるでサッカーの試合にプロレス技を持ち込むようなもので、レッド・カード一発退場に相当する行為です。  入浴前には身体(特に股間と足の…

続きを読む

スキーの後は越後湯沢駅近くの「江神温泉共同浴場」(新潟県湯沢町)

 湯沢中里スキー場でスキーをした後、越後湯沢駅東口から徒歩2分ほどのところにある「江神温泉共同浴場」でスキーで疲れた身体を癒してきました。ここは駅からほど近いので、上越新幹線を利用してスキーに訪れることが多い私にとって、最も利用している温泉共同浴場です。  写真でもわかるとおり素朴な外観で、地元に根付いた共同浴場といった雰囲気が漂います。洗い場は10カ所ほどで、湯船は1つと内部も素朴です。…

続きを読む

琴平温泉旅館「琴参閣」で日帰り入浴(香川県仲多度郡琴平町)

 琴平には日帰り入浴を受け付けている宿がいくつかあるので、金刀比羅宮参拝の後、琴平温泉にある「琴参閣」で一風呂浴びてきました。  受付で入浴料(割引クーポン提示で通常900円のところ600円)を支払い、下駄箱の鍵と引き替えにタオル、バスタオル、ロッカーの鍵を受け取ります。そして、男湯(かぶきの湯)へ。日帰り入浴客は専用のロッカーがあり、ここで脱衣をします。  大きなホテルだけに浴室は…

続きを読む

野沢温泉共同浴場巡り(長野県野沢温泉村)

 野沢温泉にはいくつもの共同浴場がありますが、その全てに入るのは時間的に難しいです。そこで、車を止めた有料駐車場を起点に、入りやすい共同浴場を4カ所抽出して入りました。  第1ラウンドは野沢温泉で最も知名度の高い「大湯」  ぬる湯とあつ湯がありましたが、後者はあまりにも熱くて入ることができませんでした。  第2ラウンドは「河原湯」  湯桶に湯船の湯を汲んで、タオル…

続きを読む

宇奈月温泉共同浴場「宇奈月温泉会館」(富山県黒部市(旧宇奈月町))

 黒部峡谷鉄道トロッコ列車の旅を楽しんだ後は、富山地方鉄道宇奈月温泉駅近くにある共同浴場「宇奈月温泉会館」で一風呂浴びました。  5カ所ほどの洗い場と湯船だけの簡素な造りで、いかにも地元の共同浴場といった雰囲気です。石鹸やシャンプーなどはなく、自ら持ち込むか番台で購入する必要があります。湯は熱めで、長湯するにはつらいほどでした。  地元の入浴客が多いらしく、顔なじみと思われる客が談笑して…

続きを読む